僕のお気に入りを紹介します!レストラン・美術館・映画・音楽・ 小説・旅行・ おすすめスポット・優れもの(用品・製品)など・・

これまで生きてきた中で「これは是非とも紹介したい、知ってほしい」というものを私の体験に基づいた解説を加えてご紹介します!

スポンサーリンク

レストラン:神楽坂の中華「エンジン」

スポンサーリンク


f:id:SHAWSHANKlife:20190214102538j:image

今回は、神楽坂の「中華エンジン」をご紹介します。

飯田橋駅側から神楽坂の坂を昇り切る手前の路地を右に入って、細い道をくねくねと進みますと辿り着きます(詳しくは地図でご確認ください)。とても口頭では無理です(笑)。


f:id:SHAWSHANKlife:20190214102611j:image

 店は小さなビルの一階にあり、店内は入って左側が8席ほど?のカウンター、右側には4人掛けのテーブルが4つ用意されています。

 とにかく予約の取り難いお店で、夜は勿論ですが、お昼でも11時半に行ったら、予約のお客様が出るのを待っている人がお店の外に溢れていました。

赤坂の中華の名店「うずまき」で7年間シェフを務めた松下和昌シェフが4年前に独立して、神楽坂にオープンしたお店です。その季節の旬の食材を使った一皿一皿は、フレンチ懐石のようで美味しいのは勿論、目でも楽しませてくれます。


f:id:SHAWSHANKlife:20190214102656j:image

 担々麺と黒酢酢豚が食べられる「ランチコース(1,800円)」で、まず偵察してみるのも得策かもしれません。 

デイナーですと、コース料理がお勧めです。5,000円、7,000円、10,000円のコースがあり、値段の違いは材料が異なるためで、ポーションとしては、どのコースもそれほど多くはありません。中華というよりも、フレンチのような提供の仕方で、一品ずつ一人ずつ適量(多くはない)の料理が提供されます。

先日は10,000円のコースを奮発したら、黒酢の酢豚が入っていなかったので、少々ガッカリしました。事前に「黒酢の酢豚は入れてくださいね」とお願いしておくべきでした。

 
f:id:SHAWSHANKlife:20190214102729j:image

少し変った店名ですが、由来は人と人とのご縁を大切にして進化していく、そして人類の進化の過程である「猿人」から名付けたというのですから、なかなかユニークなシェフです(笑)。

f:id:SHAWSHANKlife:20190214102756j:image

神楽坂「中華エンジン」→https://search.yahoo.co.jp/amp/s/s.tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13178164/top_amp/%3Fusqp%3Dmq331AQECAEoAQ%253D%253D