僕のお気に入りを紹介します!レストラン・美術館・映画・音楽・ 小説・旅行・ おすすめスポット・優れもの(用品・製品)など・・

これまで生きてきた中で「これは是非とも紹介したい、知ってほしい」というものを私の体験に基づいた解説を加えてご紹介します!

スポンサーリンク

レストラン:代官山の割烹「TAJIMA」

今回は、代官山の割烹「TAJIMA」をご紹介します。

f:id:SHAWSHANKlife:20190427172552j:plain

一昨年の12月にオープンしたお店ですが、オーナーシェフの田島さんは、なかなかのキャリアです。ミシュラン二つ星の京都の割烹料理店、鱧で有名な神楽坂の懐石料理店で7年、その後海を渡りサンフランシスコ総領事館公邸料理人に就任されたという異色の経歴です。
f:id:SHAWSHANKlife:20190427172622j:plain
カウンターに座り、これから始まる極上のひとときに思いを巡らせる。
「割烹」と自らのお店を称していらっしゃいますが、ベースは正真正銘の「京懐石」。供されるすべての料理を通して、気品があり格調高い香りが漂いますが、店には穏やかでカジュアルな雰囲気が流れていて、とても居心地の良いお店です。:plai
最近、田島さんはご結婚されたようで、料理にもそのウキウキ感が乗り移っているように感じます。
店内には、ご友人が描かれたという田島さんのデッサン画が掛けられています。

「割烹 TAJIMA」案内→https://search.yahoo.co.jp/amp/s/restaurant.ikyu.com/sd/109631/amp/%3Fusqp%3Dmq331AQQCAEoAZgB3Zmwj42q_byxAQ%253D%253D

レトラン:四ツ谷の甲殻類専門店「うぶか」

f:id:SHAWSHANKlife:20190427124441j:plain
海老やカニが好きな皆さんには、耳寄りの情報です。
四ツ谷三丁目の交差点から徒歩1分のところに、甲殻類専門の割烹「うぶか」があります。海老・カニを中心に魚介類のオンパレード、次々に出される一品は、どれも思わず唸ってしまう美味しさです。
f:id:SHAWSHANKlife:20190427124533j:plain

今年から値上げして、コース12000円となりましたが、これでもリーズナブルと思える内容です。
リピーター続出で、予約が取れなくなり、最近は「何月何日が空いてますか?」と電話して予約するようになりました。
同じ要領で予約していただければ、海老・カニ好きの方には、幸せな時間が約束されます。
うぶか」HP➡https://ubuka.jp/
f:id:SHAWSHANKlife:20190427124653j:plain

f:id:SHAWSHANKlife:20190427124710j:plain

レストラン:神楽坂の中華「エンジン」


f:id:SHAWSHANKlife:20190214102538j:image

今回は、神楽坂の「中華エンジン」をご紹介します。

飯田橋駅側から神楽坂の坂を昇り切る手前の路地を右に入って、細い道をくねくねと進みますと辿り着きます(詳しくは地図でご確認ください)。とても口頭では無理です(笑)。


f:id:SHAWSHANKlife:20190214102611j:image

 店は小さなビルの一階にあり、店内は入って左側が8席ほど?のカウンター、右側には4人掛けのテーブルが4つ用意されています。

 とにかく予約の取り難いお店で、夜は勿論ですが、お昼でも11時半に行ったら、予約のお客様が出るのを待っている人がお店の外に溢れていました。

赤坂の中華の名店「うずまき」で7年間シェフを務めた松下和昌シェフが4年前に独立して、神楽坂にオープンしたお店です。その季節の旬の食材を使った一皿一皿は、フレンチ懐石のようで美味しいのは勿論、目でも楽しませてくれます。


f:id:SHAWSHANKlife:20190214102656j:image

 担々麺と黒酢酢豚が食べられる「ランチコース(1,800円)」で、まず偵察してみるのも得策かもしれません。 

デイナーですと、コース料理がお勧めです。5,000円、7,000円、10,000円のコースがあり、値段の違いは材料が異なるためで、ポーションとしては、どのコースもそれほど多くはありません。中華というよりも、フレンチのような提供の仕方で、一品ずつ一人ずつ適量(多くはない)の料理が提供されます。

先日は10,000円のコースを奮発したら、黒酢の酢豚が入っていなかったので、少々ガッカリしました。事前に「黒酢の酢豚は入れてくださいね」とお願いしておくべきでした。

 
f:id:SHAWSHANKlife:20190214102729j:image

少し変った店名ですが、由来は人と人とのご縁を大切にして進化していく、そして人類の進化の過程である「猿人」から名付けたというのですから、なかなかユニークなシェフです(笑)。

f:id:SHAWSHANKlife:20190214102756j:image

神楽坂「中華エンジン」→https://search.yahoo.co.jp/amp/s/s.tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13178164/top_amp/%3Fusqp%3Dmq331AQECAEoAQ%253D%253D

レストラン:恵比寿イタリアン「KINOE」


f:id:SHAWSHANKlife:20190128092723j:plain


恵比寿イタリアン「KINOE」→
http://www.kinoe-ebisu.com/

JR恵比寿駅西口から徒歩5分ほど、線路沿いの上り坂を登り切った左のビルの四階に「KINOE」はあります。「KINOE」とは「季の恵」ということらしく、四季折々に恵まれる食材をふんだんに使った美味しい料理を提供する、ということでしょうか。

こじんまりとした清楚な店構えですが、カジュアルな雰囲気の中で提供されるコースの内容は満足できるものです。コースでも前菜・メインディシュの選択肢が豊富で、いつも迷ってしまいます。また、ワインもよく準備されていて、グラスで頼んでも、趣きの異なる3種類のワインの中からチョイスできますので、グラスでお願いすることが多くなります。また、ワインペアリングとしてワイン3種(3480円)/ 5種(5600円)というのも用意されていますので、飲まれる方はこちらをオーダーして、お好みのワインを楽しまれても良いと思います。

また、季節になるとジビエ料理も充実しており、日本鹿のステーキなどは大変美味で食べる価値ありです。

そして、このお店の素敵なポイントは、従業員の皆さんの上質のサービスです。
何回も足を運びたくなる「KINOE」です。



f:id:SHAWSHANKlife:20190128092807j:plain

レストラン:広尾フレンチ「マノア」

広尾のフレンチ「マノア」➡http://manoir-restaurant.jp/

フレンチ「マノア」までは、恵比寿駅東口から徒歩で7分、広尾駅からは10分ほどです。明治通りの「広尾一丁目」交差点のすぐそばで、明治通りに面したビルの一階ですが、ビル自体が明治通りから少し奥まった所にありますので、隠れ家的な趣もあるレストランです。


f:id:SHAWSHANKlife:20190112174444j:plain

あまり広いお店ではありませんが、洗練された調度品やシャンデリアが格調高い雰囲気を演出しています。
店名のManoir(マノワ)とは、フランス語で「館」「家」という意味です。品格ある雰囲気ながら、リラックスしてゆったりと寛ろいで欲しいとの願いが込められています。
f:id:SHAWSHANKlife:20190112174524j:plain
正統派のフレンチが提供されますが、ここのお店はジビエ料理でも有名です。訊けば、オーナーでソムリエの中村さんは狩猟もやられるそうで、ひょっとしたら、中村さんが仕留めた獲物のジビエに出会うことが出来るかもしれません。
笹川シェフが創り出すどの料理も美味しいのですが、私は、「鱈の白子のフリット」「フォアグラ鯛焼き」などこの店の定番メニューがお気に入りです。
ワインも充実しており、この店のオリジナルのワイン(おそらくはジビエに合うようなブレンドが施されている?)もあり、食事と共に楽しむことがでします。


f:id:SHAWSHANKlife:20190112174701j:plain

バー🍸:西麻布のオーセンティクbar「無垢(むく)」

f:id:SHAWSHANKlife:20181209000523j:plain
オーセンティクバーを標本にしたような老舗のbarです。

西麻布交差点から青山寄りに50mほどのところにバー「無垢」は、隠れるようにひっそりと佇んでいます。
兎に角入りにくい。
扉が重厚で、あたかも「入ってくるな」と言わんばかりの威厳を発しています。
その扉を開いて店内に入ると中は薄暗く、霧がかかったような空間、私はいつも左側にある一枚板のカウンターに座ります。
ここではシングルモルトボウモアをいただきます。
マスターは気さくなgentlemanで、話しかければちゃんと応えてくれますが、あまりベラベラと話すのはこの店には似合わないように思います。

枝つきの干し葡萄が出され、これがシングルモルトに何故かよく合います。

f:id:SHAWSHANKlife:20181209000613j:plain

一人でもよし、大切な人とのディナーのあとに案内すれば、あなたの株が急上昇すること、間違いなしです。
そうですね、レストランは同じく西麻布にあるフレンチ「オオハラ」、または先日ご紹介した天婦羅の「魚新」でも良いでしょう。いずれも歩いて二三分です。

飛びきり良いことがあるか、死にたいほど落胆したときには、一人で行くと冷静な自分に帰ることが出来ます。

バー「無垢」➡https://search.yahoo.co.jp/amp/s/s.tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13008420/top_amp/%3Fusqp%3Dmq331AQJCAEoAVgBgAEB

レストラン:代官山のフレンチ「メゾン・プルミエール」

「メゾン・プルミエールのエントランス」
f:id:SHAWSHANKlife:20181208165237j:plain

恵比寿駅から徒歩なら7分ほど、タクシーでワンメータのところに、元ハンガリー大使公邸の敷地であった「Q・E・Dクラブ」がありますが、その敷地の左手前にフレンチの「プルミエール」はあります。
恵比寿から代官山に向かって緩やかな坂を上がっていきますので、夏場はタクシーが無難でしょう。

この一軒家フレンチレストランのコンセプトは“Style Salle a manger”です。
これは、フランス語で「食卓」を意味し、気心の知れた仲間とお気に入りの食事を楽しんで欲しいというコンセプトです。

1階は広々としたテーブル席で、くつろいだ雰囲気の空間が広がっています。椅子席のテーブルとやや低めのソファー席のテーブルがあります。また、カウンター席も用意されています。パリのモンマルトルにはこんなレストランがあるだろうなと思わせるようなセンスの良い調度品は、フランス人女性デザイナーが取り揃えたとのこと。
店内(1階)
f:id:SHAWSHANKlife:20181208165327j:plain

1階のカインター席
f:id:SHAWSHANKlife:20181208165437j:plain

2階にはチャペルと個室がいくつかあり、オシャレな結婚式・披露宴も受け付けています。1階のテラスからは恵比寿の街を一望でき、このスペースをチャペルとして使うこともできるそうです。
2階へのアプローチ
[f:id:SHAWSHANKlife:20181208165414j:plain

さて、肝心のお料理ですが、世間によくありがちなウエディングレストランと思いきや、料理のグレードも秀逸できっと感激します。
Salle a manger”をテーマに、コースのみではなく充実したアラカルトにも注目したいと思います。特にフレッシュベジタブルのヴルーテは、旬の野菜を駆使して、素材のミネラルが愉しめる素晴らしい、見た目にも美しい一品です。またフロマージュも常時6~8種類用意されているのも、女性には嬉しいですね。

そして、最後にもう一言、この店の接客はとても気持ちよく、肩肘は張っていないですが節度もあり、清々としていて、このお店を大好きになた大きな理由です。
f:id:SHAWSHANKlife:20181208170533j:plain