僕のお気に入りを紹介します!レストラン・美術館・映画・音楽・ 小説・旅行・ おすすめスポット・優れもの(用品・製品)など・・

これまで生きてきた中で「これは是非とも紹介したい、知ってほしい」というものを私の体験に基づいた解説を加えてご紹介します!

スポンサーリンク

おすすめスポット:京都「建仁寺」

以前、京都の「高桐院」をご紹介しましたが、今回は「建仁寺」をご紹介します。

京都を訪れる観光客の多くは四条河原町辺り、先斗町祇園の街を散策されると思います。その折に時間が1時間あれば、是非すぐ近くにある建仁寺(けんにんじ)を訪ねてみてください。

このお寺には見所が沢山あります。
まず、「風神雷神図屏風」です。建仁寺所蔵の国宝で、本物は京都国立博物館に寄託されていますが、建仁寺でもレプリカを見ることができます。俵屋宗達の作と言われています。
風神雷神図屏風」➡
f:id:SHAWSHANKlife:20181202102223j:plain

また、このお寺の枯山水の庭園は素晴らしく、時間を忘れていつまでも眺めていたい素晴らしいお庭です。
枯山水の庭園」➡
f:id:SHAWSHANKlife:20181201115139j:plain

また、少し離れた法堂(はっとう)にはスリッパに履き替えて行きますが、ここの天井画が圧巻です。こちらは2002年に小泉淳作による「双龍図」です。建仁寺の創建800年を記念して描かれました。
力強い筆さばきで書き上げられた大作は800年の歴史に負けることなく、二匹の龍は堂々と法堂の天井から我々を見下ろしています。
「双龍図」➡
f:id:SHAWSHANKlife:20181202103003j:plain

さらに、私のお気に入りは、「○△□の庭」です。3つの図形は、禅宗の四大思想(地水火風)を地(□)、水(〇)、火(△)で表現していると言われています。この庭では、中央に立つ椿(山茶花?)の周りの苔が〇、庭の隅の形が△、井戸が□を表しているそうです。苔の緑とそこに落ちる白い花ビラのコントラストが鮮やかです。
とても風情ある空間で、究極の美が目の前に具現化されているように感じます。
「○△□の庭」➡
f:id:SHAWSHANKlife:20181202103709j:plain


その他、下の間の「雲龍図襖絵」も見逃せません。海北友松(かいほうゆうしょう)という、安土桃山時代から江戸時代初期にかけて活躍した絵師によるもので、これもレプリカで、本物は京都国立博物館に寄託されています。
雲龍図襖絵」➡
f:id:SHAWSHANKlife:20181202182643j:plain

京都の寺院はどこに行ってもハズレはない、と言いますが、建仁寺は街中にあってアクセスも良く、しかも市内寺院のベスト5には入る見所満載のお寺です。
「日本人の心」を再認識出来るお勧めのスポットです。

(ご参考)
建仁寺は、京都最古の禅寺として1202年に栄西禅師が建立。1202年は建仁二年にあたるのですが、当時の年号から寺名がつけられています。1586年頃、安国寺恵瓊(あんこくじえけい)により再興されています。

優れモノ:手帳、ノックス ブレイン ナロータイプ 差し換え用 見開き1ケ月間ブロック式

今年も、はや師走12月を迎えようとしています。

この時期に、本屋さんや文房具店には「手帳」が並びます。

スマホやパソコンでスケジュールを管理されている方も多いと思いますが、それとは別に、やはりアナログの手帳はなにかと便利で、革製の手帳カバーの感触はなかなか良いものです。

 

私は、もう30年以上「ノックスブレインのナロータイプ」を愛用しています。革製のカバーを7~10年に一度買い替えています。中身は差し換え用の「見開き1ヶ月ブロック式」を毎年購入しています。それに追加して、罫線の差し換え手帳をメモ代わりに挟んでいます。

いろいろ試しましたが、「見開き1ケ月」が使い勝手が良いようです。しかも「ナロータイプ(狭いタイプ)」がお薦めです。上着のポケットにもすんなりと収まりますし、カバンにもスマートに入ります。

革のカバーもナロータイプが販売されていますので、少し張込んでお好みの手帳を手に入れてはいかがでしょうか?

a target="_blank"  href="https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07DXX427P/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B07DXX427P&linkCode=as2&tag=shawshanklife-22&linkId=3b7e147bee6cdba06a0d882ec68ae015"

美術館:中目黒の「郷さくら美術館」

郷さくら美術館の入口(外壁のパネルは桜のモチーフ)

f:id:SHAWSHANKlife:20181119092308j:image

一階にある大きな桜の絵
f:id:SHAWSHANKlife:20181119093948j:image

都内には小さな美術館がたくさんあり、これらをひとつひとつ巡ってみるのも楽しいものです。

中目黒駅から徒歩5分ほどのところに「郷さくら美術館」はあります。

桜のシーズンは、目黒川沿いは花見の人気スポットで多くの人が訪れ、その時期にはこの美術館も入場者が増えますが、そのほかのシーズンは訪問者はまばらです。

 

桜の絵だけでなく、現代日本画家を中心にテーマを換えながら、桜のシーズンだけでなく、常時開館しています。

私は、ホームページで特別展の内容を確認して、お気に入りの内容であれば、一人でブラっと出かけます。

外観の外壁をよく見ると、桜をモチーフした黒っぽいパネルで敷き詰められています。

 

この辺りには、おしゃれなフレンチやイタリアン、はたまた昼呑みのできる居酒屋、また雑貨屋さんやアロハの古着を売るお店など、この辺りは時間があれば探検してみると面白いスポットです。

 

この美術館に適当な最寄りのレストランを組み合わせれば、ユニークなデートコースになると思います。

 

なお、郷さくら美術館の本家は、福島の郡山にあります。また、ニューヨークにもギャラリーが常設されているそうです。

 

中目黒「郷さくら美術館」ご利用案内→http://www.satosakura.jp/tokyo/information.html

 

 →「ちいさな東京の美術館めぐり」

  https://amzn.to/2MA01Lh

優れモノ:CROSSのボールペン(干支シリーズ)


f:id:SHAWSHANKlife:20181114111924j:image

 毎年、CROSSが、その年の干支をモチーフにして高価なボールペンを本数限定で販売します。

2012年の辰年から始まったこの干支シリーズ、その重厚感とボールペンとしての確かな機能性で、年々評判が高まっています。

 

入学祝や就職祝、還暦祝いなど、特別なプレゼントとしては、なかなか気の利いた一品ではないでしょうか。

私も、ある時、家族からプレゼントしてもらい、今も大切に使っています(これが欲しいと私が選んだのですが)。

一度、手にとって確かめてみて下さい。

私は、新宿伊勢丹メンズ館で買いました。


f:id:SHAWSHANKlife:20181114112812j:image

➡https://amzn.to/2QP2kct

 

レストラン:代官山の暖炉のあるフレンチレストラン「パッション」


f:id:SHAWSHANKlife:20181112154758j:image

B級グルメが続きましたので、今日は本格的なフレンチレストランをご紹介します。

 

代官山に暖炉のあるフレンチレストランがあります。

旧山手通りの代官山交番前交差点のすぐそばの代官山のランドマークビル、ヒルサイドテラスB棟に、フレンチの名シェフ、フランスの国家功労賞を受勲しているアンドレ・パッション氏のお店があります。

店内は広くてテーブルはゆったりと配置されていますので、個室でなくても大丈夫です。

格調高く重厚な歴史を感じさせるような数々の調度品が、一朝一夕では創り得ないレストランの風格を醸し出しています。壁にはオーナーの描いたという絵が飾られ、部屋の奥には1690年からフランスの修道院で使用されていたという暖炉があり、夏季以外は実際に薪がくべられ近くの席は熱く感じるほどです。また、肉類のグリル料理はこの暖炉で調理しています。

 

提供されるコース料理は、本格的なフレンチで、またワインも豊富に取り揃えられており、エレガントなひとときを約束してくれます。

初めての方は、まずはランチコースで偵察されることをお勧めします。非常にリーズナブルなお値段でランチコースを用意してくれています。

ランチでも、もちろんグラスのシャンパンから始めて、白・白・赤・赤?で楽しんでください。

「代官山レストラン・パッション」→

http://www.pachon.co.jp/jpn/pachon/index_main_i.html

B級グルメ:油そばの「東京麺珍亭本舗 鶴巻町店」

f:id:SHAWSHANKlife:20181111165302j:image

 今では、油そばを売りにするお店は、あちこちに見かけますが、「油そば」と言ってもピンからキリまであることが、いくつか食べ歩いてみるとすぐにわかります。

私は、今ではもう他のお店には行かず、この「東京麺珍亭本舗 鶴巻町店」だけです。

「呑んだ後には〆のラーメン」はやらないので、ラーメンを食べる機会はそれほど多くはありません。でも、この店の油そばだけは、たまに無性に食べたくなる忘れられないクセになる味です。

早稲田の鶴巻交差点近く、首都高の出口あたりに「東京麺珍亭本舗 鶴巻町店」はあります。アクセスはとても不便です。よくぞこんな場所に飲食のお店を出店したな~と思ってしまうようなロケーションです。

まずは、店内に入り自販機でチケットを買います。大盛と普通盛がありますが大、どちらでも値段は同じですから、女性の方でも躊躇なく大盛のボタンを押しましょう。トッピングもありますが、最初は大盛だけで十分でしょう。

席は縦長の細いスペース之カウンター席のみで10席ほどでしょうか。

待つこと5分ほどで、黒っぽい液体(秘伝のタレ)に浸された麺がスープのない丼ぶりに入って出てきます。これに、ラー油と酢をたっぷりと回しかけて、混ぜ合わせて一気に食らいます。油そばといいますが、油っこさは全くありません。カロリーも普通のラーメンよりも低いそうです。

最初に食べたときに「間違いなくリピーターになるな~♪」と思いながら食べたのをよく覚えています。

お客さんが外に並んでいることもありますが、それほど待つことはありません。

 

私は、車で根津美術館に行った時の帰り道に寄ります。車は近くのパーキングに停めますが、それだけの価値は十分あります。

以前、この店に入ったら、井上陽水とマネージャらしき人が隣で食べていて、陽水さんから「美味しいね~」と話しかけられたことがありました。

 

このお店の系列では、他に「西早稲田店」もあるそうです。

是非おすすめのB級グルメです。

 

油そばの「東京麺珍亭本舗 鶴巻町店」➡

 

 

 

B級グルメ:六本木の大衆中華「珉珉」

f:id:SHAWSHANKlife:20181103091830j:plain
f:id:SHAWSHANKlife:20181103091846j:plain
私が「珉珉」の味を覚えたのは学生の頃で、大阪曽根崎の細い路地にその店はありました(発祥は昭和28年、大阪の千日前)。
京阪神に住まれた方なら「珉珉」をご存知の方も多いのではないでしょうか?
当時の私のお気に入りの組み合わせは「ジンギスカン+餃子1人前+ライス」です。ジンギスカンとは羊肉とタマネキ、ニラの炒め物です。餃子は皮が薄くいくつでも食べられそうです。当時はこの組み合わせで1000円でお釣りがきました。

今は東京にも支店が出ていて、たまに懐かしくなって、私は六本木のお店に向かいます。今は、「ジンギスカン・餃子1人前・生ビール」の組み合わせです(笑)。

メニューは豊富で、餃子はテッパンですが、焼そばや酢豚、麻婆豆腐、バンバンジーなどどれも美味しくリーズナブルです。

一人でも、カップル(かなり仲良くなったカップル、初デートにはリスキー)でも、大勢でも楽しめるお店です。
調べてみたら、今は支店が増えていますので、お近くのお店を探してみてください。

「珉珉公式サイト」→
https://www.minminhonten.com/